建設業向 建築・設備 見積り積算システムTetra21 
Estimate software for the construction industy

建築、設備(電気設備、給排水衛生設備、空調設備、昇降機設備)の新築工事やリニューアル工事はもちろん、デベロッパー、ビルマネージメント会社などの、見積業務にも対応できます。 1台のPCで行う見積作成から、全国本支店間でのネットワークを利用した見積業務も可能とする本格的なクライアント/サーバ型見積り積算システムなので、企業規模の大小を問わず導入可能です。

Tetra21は、お客様の見積業務に合わせてフィッティングできる、自由度の高いシステムです。

概要

見積データは建築設備会社にとって上流データにあたります。その上流データを様々な用途に活用し、企業システムの効率化の手助けをいたします。

Tetra21の操作性

大切なのはユーザーフレンドリーな操作で、スピーディに見積書を作成できることだと考えます。

Tetra21は、Windowsと共通のユーザーインターフェースと操作手順に準拠しているため、直感的に目的の操作が行えるよう工夫されています。 例えば、他の見積作成ソフトのように部材データをリストボックスから1行1行選択するのではなく、部材ウィンドウから、見積書ウィンドウへ(1部材ごと、任意の複数部材、工種や工事項目ごとなど)、どの階層であっても自由かつ、ダイナミックにドラッグ&ドロップすることができるので、圧倒的な速さで見積作成できます。 それはあたかも、見積書ウィンドウへ部材データを放り投げる感覚です。 片手のマウス操作のみで行えるため、非常にスピーディです。 使えば使うほど体感できる爽快感で、見積作成の大幅な時間短縮を実現します。

機能

自由にカスタマイズできる見積システム!

お客様の見積業務やワークフローに合わせたデータベース設計のほか、画面や入出力の設計も可能。既存のシステムからTetra21へスムーズに移行できます。

小規模物件から超高層まで!

標準設定で物件登録数は100,000件以上、部材マスターは640,000部材以上登録可能、内訳明細の行数を気にすることなく、どんな超高層や大型案件の見積書も作成できます。

リニューアルの見積書作成にも対応!

新築時の見積書をすばやく抽出して再利用が可能。古い見積書の単価更新、歩掛や掛率の入替、工事費・経費など一式物や労務単価の入替も思いのままです。

見積書の転記や検算作業を大幅に削減!

業者から受集した見積書データを取込むだけでなく、自社単価への置換のほか、建設物価単価や歩掛などの付与も可能。 すばやい見積作成・見積査定ができます。

急ぎ見積にも対応でき、受注チャンスを逃しません!

1つの見積物件を何人かで手分け作業(同時編集)ができるので、短時間での見積作成が可能、遠隔地からの見積応援もできます。

見積提出までの過程や状況が判る!

見積書画面に8種類の数量・単価・金額を保持できるので、設計見積→基準見積→提出見積1→提出見積2→基準原価→予想原価→実績など、すばやく確認できます。

新たな印刷物をユーザー側で作成できる!

提出先の指定書式や社内会議資料など、突発的に必要となった印刷物はもちろん、既存帳票の修正も短時間で行えます。

計算式も思いのまま!

資機材(部材)だけを入力すれば、一式物は自動発生機能により瞬時に計算して、見積書ができあがります。 それらの計算式は自在に編集できます。

蓄積データをフルに活用できる!

「類似物件の抽出機能」、「内訳明細の検索機能」によって、従来は困難であった実績単価の比較、妥当性のチェック、根拠説明などを容易にこなせます。

会社組織で使うための見積システム!

ユーザーアカウントによる権限設定、見積書フォルダーのグループアクセス権、社内外と受渡しする見積書の暗号化など、充実したセキュリティーで安心。

将来に備えて見積データの蓄積ができる!

蓄積データは会社にとって重要なものです、建築と設備のシームレス化はもちろん、提出見積のほか、受集した見積もまとめて一括管理できます。

目的に合わせた、歩掛や掛率の設定も自由自在!

部材マスターの歩掛だけでなく、部材マスターと連動する(別表)拡張歩掛表では、施工場所や用途別などの設定や、それに付随する費用、歩掛についても自由に設定できます。

自動歩掛計算機能(国土交通省基準)にも対応!

盤や配線器具など、部材マスターに登録していない材料に対する自動歩掛計算機能にも対応していますので必要に応じてお使いいただけます。

工種組換えで検討/提出が思いのまま!

工種組換機能により、作成した部位・部分別内訳書と工種別内訳書を紐付したまま保持できるので、社内検討用には部位・部分別内訳書、提出用には工種別内訳書と使い分けできます。(紐付を保持できない工種変換機能ではありません)

御社の基幹システムからTetra21にアクセス!

Tetra21の分散APIを用意、基幹システムなどから簡単かつ安全にTetra21のデータを利用できます。

オプション

工種組換オプション

部位・部分別で見積書を作成しておき、工種別や客先指定書式など提出用構成書式に見積書を組換えるオプションプログラムです。

金額シミュレーションオプション

見積書の内訳明細行を分類ごとに金額集計し、掛率で増減調整して出値調整や原価調整をシミュレーションするオプションプログラムです。

インポート・エクスポートオプション

CSV形式、CI-NET形式、CI-NET LiteS形式、BCS形式などの多様なデータ形式の見積書をインポート・エクスポートするオプションプログラムです。

拾いシステム連携コネクター

「CADの図面」や「PDFの図面」をコスモ・ソフト社製の「PLANEST P’s 拾いシステム」を使用して部材を拾い、その拾いデータからTetra21の見積書を生成するオプションプログラムです。

見積物件及内訳明細検索オプション

資機材や部材を指定することにより、蓄積データから該当する内訳明細行とその物件概要を超高速で検索するオプションプログラムです。

物件管理エクスポートオプション

Tetra21標準の物件管理エクスポート機能ではなく、320項目以上に対応したより高度な物件管理データの検索出力設定ができるオプションプログラムです。

推奨動作環境

Tetra21をお使いいただくために必要な、ハードウェアのスペックと、対応オペレーティングシステムです。

Tetra21 クライアント Ver.4.2

 クライアントOS   Microsoft Windows 8.1 / Windows10 / Windows11
            ※Tablet PCでお使いになられる場合、機能の一部に対応しておりません。
 プロセッサ      上記のOSが正常に動作するプロセッサ
 メモリ        4GB以上
 ハードディスク    1GB以上の空きディスク領域
 ディスプレイ     1600 × 1024 以上(1920 × 1080 以上を推奨)
   

Tetra21 サーバー Ver.4.2

 サーバOS      Microsoft Windows Server 2012/R2 / Windows Server 2016
            / Windows Server 2019 / Windows Server 2022
            ※Tetra21 サーバーをインストールするPCには、サーバー用OSを使用してください。
 プロセッサ      上記のOSが正常に動作するプロセッサ
 メモリ        8GB以上(16GB以上を推奨)
 ハードディスク    30GB以上の空きディスク領域(100GB程度の空きディスク領域を推奨)
 ディスプレイ     1024 × 768 以上


 ネットワーク     Windows ベースのネットワークが必要です。
 ネットワーク回線速度 100M bps 以上(1G bpsを推奨)
   

※ Tetra21は、少ないメモリーで軽快に動作するとともに、少ないストレージ容量で沢山の見積書を保存できるように創意工夫しております。
※ Windows Tabletの機能 (各種画面タッチ操作)には対応しておりません。
※ RPCネームサービスの廃止に伴って、サーバ名の公開とその表示機能を使えませんが、運用にはまったく差し支えございません。

RPCネームサービスの廃止について
Windows Server 2008 R2 の RPC Locator サービス説明文では以下のように記述されております。

In Windows 2003 and earlier versions of Windows, the Remote Procedure Call (RPC) Locator service manages the RPC name service database. In Windows Vista and later versions of Windows, this service does not provide any functionality and is present for application compatibility.

<和田特機訳>
Windows 2003 および XP以前のバージョンのWindowsにおいて、リモート・プロシージャ・コール(RPC) ロケーター・サービスは、RPCネームサービス・データベースを管理しています。 Windows Vista および Server2008以後のバージョンでは、ネームサービスの機能は提供しておりませんが、呼出しインターフェースは残されております。