カテゴリー

趣味のPCオーディオ

PCオーディオFan2(共同通信社 発行)にK’sの記事が掲載されたことにより、Wave File Playerを使ってみたいという多くのメールをいただき、申込者には2種類のWave File Playerをお送りしました。

お送りした皆様からは、丁寧な評価レポートをいただき有難うございます。
音質については、ほとんどの方が「今まで体験したことがない音」「音質の良さに驚嘆」「もうCDプレイヤーの音は聴く気にならない」など、私共が「びっくりするような」好評をいただきました。

「びっくりする」ことが、もう一つあります。
詳しくは、このページの右側のリンクの「よくある質問」に書いてありますが、Windows Vista や Windows 7を使われている方の多くが、CDからリッピングしたWAVEファイルを再生するときに、44.1KHz系ではなく、48KHz系(96KHzや192KHz)で聴いていることです。
音質が今一歩という方にお聞きすると、一番多い設定は、なんと24bit/96KHzなのです。

44.1KHz系の音源を48KHz系で再生すると、CDプレイヤーでの再生と比べて音質が勝るどころか、逆に劣ってしまいます。
多くの方はPCの出力をDAコンバータに入れていると思いますので、DAコンバータが受け取ったビットデップス/サンプリング周波数を確認してみてください。
PCの設定は自由度が高い反面、判り難いし面倒ですが、慣れだけの問題です。
正しく理解/設定して、良い音でPCオーディオを楽しみましょう。

まだ旧タイプのWave File Playerをお使いの方も結構多いようです。最新のものはWave File Player for Reference、Wave File Player for Experimentalともに、上記のような画面で、ソース ファイル インフォメーションの窓があるものです。
最新版の申し込みは、このページの右側のリンクに「オーディオに関するメール」を用意しましたので、これをご利用ください。

4つのコメントがあります : 趣味のPCオーディオ

  • seiji

    名古屋は、初夏の花「やはり:杜若」を愛でる季節となっています。
    yungさまのHP紹介で、あなたの<息子?・娘!>と知りました。
     お許し賜れるなら、貴方の想いを注いだ、
      Wave File Player for Reference、・・・
    を使用させていただけませんか!
     厚かましさより、図々しさの先立つメールですが、・・・
     貴方を疑似体験したくて、・・・・・
     私、老爺:根性なしの音楽聴きですが、
    黄泉の国に旅立つ前に少しでも多くの欧州(宗教系)CDから
    「演者・制作者の想いを聴こう」と願っています。
     
     

  • 大家 均一

    こんにちは、早速お送りいただきました二種類の再生ソフトと、現在使用中のfoobar2000との比較試聴をいたしました。小生の再生システムは管球式アンプにTRU-SONIC629(15インチダブルウーファー+1.5インチコンプレッションドライバー+マルチセルラホーンがバックロードホ-ン型エンクロージャーに入っております)という1951年製の古いスピーカーに5KTというスーパートゥイーターを載せて使用しております。結果としてはexperimental版が最も好ましく感じられました。帯域のバランスや音楽の躍動感が最もすぐれているように聴こえます。ひとつ気になったのは、連続再生した場合に各曲の頭に微小のノイズが出ます。song intervalを変更しても同様でした。デジタル再生環境はLet’s noteからフェーズテックHD-7AにUSB接続しております。これからはexperimental版をメインに楽しんでゆきたいと思います。この度は誠にありがとうございました。

  • 昨年末くらいから Wave File Player for Experimental を使い続けています。最高のCD規格リッピングプレーヤーだと思います。

    フェーズメンションのHD-7A192とルビジウムクロックHD-7RbとK2プロセッサーは完璧でした。MACに劣るって?Windowsは???

    それはあり得ないことを証明してくれました。デノンDCD-SXのCDを打ち破ったプレーヤー「Wave File Player for Experimental」の名を忘れない

  • まだコメントがありません : 趣味のPCオーディオ?

    あなたのコメントは承認待ちの状態です.??

    投稿時のipと替えていないから???

    意味が判りません

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree