カテゴリー

プリアンプのケーシングと配線

K’sです。 2010年頃から作り掛けていたFETプリアンプが未だに全完成してなかった。
2014年夏にはほぼ完成していたが、一部の特注部品などが間に合わなく、代替部品での仮組みの状態で音を聴いていた。
このままにしておくと一生半完成のままになりそうなので、まとまった時間を作って完全な状態に仕上げたいと思っていた。
丁度、5日間ほどの夏季休暇を、「お盆は迎え火から送り火までは仏様のお守りで遊びに行く訳にいかない」ということを勝手な言い訳にしてアンプを仕上げることにした。

アルミ塊を切削加工したケースも再度、細かな仕上げをしたく、全ての部品を取り外して、プラスチック研磨紙とアルミ用超微粒子コンパウンドを使い、丸1日掛けて磨きこんだ。
ビニールの手袋を何度も取り換えて研磨したが、指は真っ黒になり洗ってもとれない・・・
継ぎ目のないケースは仕上り見ていて気持ちが良い。
重すぎるのが難点であるが、強度はまったく問題なく、大音量で再生してもケース内の部品が音圧で揺さぶられたり、振動することはないと思う。

RCA端子からのセイデン製ロータリーSWを経由してアルプス電気製50型ボリューム迄の配線はシールド線(モガミ製)を使っていたが、通常の撚線をツイストして使うことにした。
始めは純銀撚線にして音を聴いてみたが、何となく高域がきつくなりすぎるので、AWG22の錫メッキ軟銅線にしたら高域は落ち着いたが線の細い音に変わって良くない。
なのでAWG20を使ってみることにした、常識的には断面積が0.51平方ミリなので太すぎる筈だが、それを使ったら何故かK’sの好みの音になった。

オーディオは机上だけで結論を出さずに、まずはやってみて、その結果がどうなるのかを試すのが大切だと思う。
K’sの生業にしているソフトウェア開発も同様で、良いアイデアがあれば机上で没にせず試してみるのが一番だと思うし、ソフトウェアの修正・改善はハードウェアと比べれば遥かにやりやすい。また、処理時間や操作性などの比較もすばやく結果を出すことができる。

同じ回路で、同じ電子部品を使っても、ケースと配線でこんなに音が違うことを体験できた。
入力切替のロータリーSWをバイパスしたらどんな感じになるのかと試してみたら、これが激変で「音の勢いが良い」というか、「躍動感が生音に近い」と表現したら良いか、言葉ではうまく表現できない。
もう元には戻す気がしないので入力1系統しか使えないのが不便だが、このまま使うことにした。
しばらくの間は、このプリアンプで音楽を愉しむことになりそう・・・

京都 夏の風物詩

J45です。

今年の夏は本当に暑いですね。
早いものでお盆休みも終わり仕事に復帰してま~す!

今年も京都に住む娘より、京都夏の風物詩のひとつ「五山の送り火 大文字」の写真が送られてきました。
平成最後の五山の送り火です。

ちょっと画像が粗いのが気になりますが・・・

久しぶりのコンサート

J45です。

本当に久しぶりのコンサートです。
今回はマッキーこと槇原敬之のコンサートツアー「TIME TRAVELING TOUR 1st Season」 に行ってきました。

 

 

 

 

 

開演を待ち館内が暗くなり、「わぁっ~」て客席から歓声が上がります。
久しぶりのこのドキドキ感・この瞬間・・・!! やっぱりLIVEはいいですね!

それとプロジェクションマッピングを駆使した演出も昔のコンサートではありえない訳で、
これは映画の世界か?と思うほど不思議な感覚。
コンサートも終わりに近づき、J45が大好きな歌「遠く遠く」が流れると、
遠く離れた街で一人で奮闘している娘にこの歌を重ねてしまいいい歌詞だなあ~
なぜだか涙が・・・
いつか家族揃って見に行こうと思います!

広報xのお仕事

 

広報xです。

大末建設さんと共同で開発したタブレット製品「配筋検査」の新聞掲載の続報です。
今回は第二弾として日刊建設工業新聞社の↓掲載記事を紹介しますね。

日刊建設工業新聞 掲載記事はこちら

和田特機WEBサイトはこちら

広報xからのお知らせでした。
追伸:日刊建設工業新聞社様 掲載の許可をいただきありがとうございました。

 

久々のマルチチャンネル録音

K’sです。
5月の連休前にジャズ(ボーカル+ピアノ・カルテット)のCDアルバムのための録音を行いました。

折角やるならプロフェツショナルには真似出来ない、アマチュアならではの仕事がしたく、エンジニアリング面を中心に関与させていただく事になった。
すなわち、プロのように役割分担して分業するのではなく、音楽監督、スタジオ録音(マイク、楽器、調律)の手配、2次録音、ミックス、マスタリングまでを1人で行います。
1人で完結することにより、狙い通りの音のアルバム制作が可能になる訳です。これを何人かの手で行なうとどうしても音に対する思いが違うため少なからず齟齬が生じるし、制作過程で何回も音源を保存するので、デジタル処理の誤差が積もり、高音質から遠ざかってしまいます。

アルバムのコンセプトに沿った音作り(創り)は、ミュージシャンからK’sに一任してもらい、録音する前に楽譜を見て、聴かせどころや歌いにくいところを理解しておきます。
タイミング良く、録音前日に都内のライブハウスで収録曲の生演奏を聴くことができたので、どの様な音に仕上げるか、自分のイメージを固めることができた。
このイメージが固まっていないと、録音スタジオで自信をもって「OKテイク」が出せません。

録音は充分な天井高とエア・ボリュームのあるサウンドクルー新社屋のAスタジオ。
K’sのほか、録音の見学者6名と共に、ピアノ(C-7)の調律が仕上がったところに到着した。

録音方法とマイクアレンジメントは録音のエキスパートH氏と予め決めた通り、マイクロホンは15本。
K’sにとってはピアノの音決めが一番難しく、いつも通りに弦やハンマーの音を近接で録るのは止め、少し離して位相を揃えてセットした。
クラシック録音でなじみの深いリッドに反射した音を中心に少し離してLRマイク2本、おさえでもう少し離したところにもLRマイク2本を立てた。
ベースはメインのマイクのほか、スラップの弾ける音も別マイクで録り、ギターも同様にメインのマイクのほか、弦を押さえる音や弾く音の2マイク。
ドラムスはオーバーヘッドLR(測定器用マイク)2本をメインに、スネア、バス、ハイタム、フロアタム、計6本のマイクとした。

ミュージシャン、楽器、マイクアレンジメント、機材はほぼ同じで3回目の録音なので、H氏もスタジオエンジニアも手際が良く、1時間半程度でセッティングが完了し、録音開始することができた。

録音は、1テイク目が良くても各曲2テイクで進め、原則として録音スタジオではプレイバツクしません。
プレイバツクをミュージシャンに聴いてもらうと、どうしても「ミスの無い演奏をしよう」と言う方に気持ちが動いてしまい、ノリや勢いは無くなるし、リラックスした演奏にならないためです。

もし、自分のイメージする演湊にならなかった場合、そこで妥協してOKテイクとせず、ミュージシャンに納得してもらったうえで、もう一度録り直しますが、「あと何時間演奏できるか?」というミュージシャンの体力的な限界を予測しながら録音を進めます。
途中で「まだ演奏出来る?」と尋ねても、プロですから「出来ない」というミュージシャンは1人もいません。ところが体が言うことを利かなくなり、演奏がダレてきてしまいます。
そのような時間配分は難しいですが、予想は30分のずれなく的中し、無事録音終了する事ができた。

ゴールデンウィークを利用して、ミックス、マスタリングまで一通り終わったところです。
誤差が積もらないように15チャンネルの24bit/96KHzのリニアPCM(WAV)を直接加工する事は避け、あらゆるデジタル処理を最後に1パスで一括処理した。
とても良い仕上がりの音になっておりますが、K’sにとって気持ちの良い音であって、商用CDアルバムにするためには(カーステレオやポータブルオーディオでもそれなりに愉しめるように)音圧調整して一般化しなければならないので悩ましい。

オーディオ仲間や録音の見学者にも音質などの意見を求め、最終調整して夏ごろにはCDアルバムとして仕上げたいと考えています。

広報xのおしごと

【日刊建設産業新聞より】
広報xです。
大末建設さんと共同で開発したタブレット製品「配筋検査」が新聞社5紙に掲載されました。
メディアの力って凄いですね~~
プレス発表の翌日からお問い合わせがあり反響に少々驚いています。
ちょっとだけ記事を紹介しますね。


広報xからのお知らせでした。
追伸:(株)日刊建設産業新聞社様 掲載の許可をいただきありがとうございました。

和田特機 WEBサイト 掲載記事へのリンク
記事はこちら

建設産業新聞へのリンク
www.kensan-news.com/

お花見

こんにちは Mtanです。

今年は桜の開花が早く、ぼんやりしてる間に桜の花が散ってしまい、
お花見に行きそびれてしまいました。

花は人の心を癒してくれます。
特に心の余裕の無いときなどは、お花を見て一息つくと、ほっとします。

なので、今は、毎朝出勤時や昼休みなどちょっとした合間に、会社の玄関横の花壇のお花を見ては心を癒されております。

お花ってほんとうにいいですね!!

 

「応仁の乱」ゆかりの地を訪ねて

J45です。
昨年から「応仁の乱」について少し関心を持ったJ45はそうだ京都行こう!
というわけで早速、京都に住む大学生の娘に連絡を・・・「応仁の乱ゆかりの地を訪ねて」をテーマに京の町を歴史散策しない?
⇒ オッケーですよ~~~ という事で京都へ・・・
そもそも応仁の乱というと学生の頃に習った記憶はあるものの、西軍と東軍の戦い。いったい誰の何のための戦いだったのか?? 難しくてよくわからないなあ~~というのが本音です。
そこで今回はお互いに当日までにしっかり予習(歴史のお勉強)をして当時にタイムスリップしよう!
ほとんどが史跡めぐりなのに、正直アホな親子です。
【応仁の乱の簡単なまとめ】(詳細は割愛しますね)
管領家である畠山義就、畠山政長との家督争いが始まりのようです。 室町幕府8代将軍 足利義政と妻、日野富子の(長男)足利義尚と、義政の(弟)義視との将軍継嗣問題。 これらに複雑に関わり山名宗全と細川勝元との権力争い、またまた管領家の斯波義廉と斯波義敏の家督争いなど・・・・ 領地や権益もからみ赤松政則、大内政弘なども参戦し、西軍と東軍に分かれて1467年上御霊神社で始まったと言われています。 西陣織で有名な西陣は山名宗全率いる西軍の陣地だったことからこの名がついたそうです。
◆まずは上御霊神社へ 1467年1月18日この地から応仁の乱は始まったようです。
◆次は相国寺へ 応仁の乱中で最も激しかった戦闘とされていて、この戦いの後両軍は京都での戦闘は控え代わりに戦場を山城周辺に移していったようです。
         
◆次は東軍の陣地へ
 西陣の拠点であった山名宗全の邸宅周辺は「西陣」として現在に名を残しているのに対して 「東陣」という名はあまり知られていないようです。 東軍の大将であった細川勝元の邸宅は、小川児童公園の北側一帯にあったされるそうです。 地元の方たちによりこの公園に説明版が設置されたと知り、訪ねてみました。
                                   
花の御所(室町邸)も訪ねてみました。 足利将軍家の邸宅ですが、その周りには有力守護大名が邸宅を構えて集まっていたようです。
                
◆百々橋へ
何度も両軍が戦いあったのが当時、南北に流れている小川に架かる百々橋です。
この橋を境に西軍と東軍の拠点は徒歩で5分程度の距離でした。
◆最後は西陣へ
西軍の総大将 山名宗全邸宅跡へ
  
今回はこれで終了です。1日では周れませんでした。
美味しいもの食べて・飲んで名古屋へ帰ります===

名古屋シティマラソン 完走!

こんにちは Mtanです。

先日、名古屋シティマラソンのクウォーターに参加しました。

練習不足のため、完走も危ぶまれましたが何とか完走できました。

フィニッシュタイムは1時間9分で。目標の1時間を切ることはできませんでしたが、
昨年より、2分程度タイムを縮めることができました。

1時間切るには、もっと練習が必要だったと反省しております。

話はちょっとそれますが、名古屋シティマラソンでは毎年、様々な仮装ランナーが走っていらっしゃいます。
水戸黄門、ミッキーマウス、ミニーマウス、金シャチなどなど仮装の方への街道の応援の方々の声援もハイタッチも一際多いです。
子供たちに一番人気はスーパーマリオのようです。声援がすごいです。
タイムを縮めることをあきらめて、仮装で楽しむのもありかな?とも思いましたが、仮装して完走できなかったら
恥ずかしいので思い直しました。

今年も、マラソン後の楽しみ、ビールで乾杯して焼肉を食べ、締めくくりました。
マラソン完走の後のビールはホントに美味しいと実感。このためにマラソンを走っているといっても過言ではありません。
よりそちらのほうが主目的になってきているような気がします。

来年は、地道に練習をして、少しでもタイムを縮められたらいいなと思っています。

久しぶりのマラソン練習の結果・・・

今年に入ってから風邪が長引きランニングも控えていたのですが、

4月の岐阜清流ハーフマラソンにエントリーしたこともあり土・日で5時間ほどのLSDをしました!

薬物ではありませんよ~~ ロング・スロー・ディスタンスというトレーニング方法で

ゆっくり長い距離を時間をかけて走り、毛細血管を発達させ基礎体力を向上させると言われています。

久しぶりに頑張りすぎて翌朝から筋肉痛のためロボット歩き(泣)

 

二日後に病院で定期検査を受けたら普段管理している項目とは別の項目で指摘されてしまいました。

先生:「体はだるくないか?風邪でも引いた?」 J45:「特に・・・」

先生:「白血球とCPKの値が普段より高いよ。何か負荷をかけた運動でもした?」 J45:「2か月ぶりに長距離走りヘロヘロです。」

先生:「たぶんランニングのせいで筋肉が破壊されたんだろうね。ちょっと脱水気味だし・・・」でした。

ランニング友達からマラソン大会後によく聞く話だったのですが、まさか自分の血液検査でこんな結果になるとは。

急な走りは体に良くありませんね! 徐々に体を慣らし調整して行きたいと思います。

 

【検査結果】

↓ CPK:350H (正常62~280)

 

 

 

↓ WBC(白血球):10200H (正常4000~8000)