カテゴリー

久々のマルチチャンネル録音

K’sです。
5月の連休前にジャズ(ボーカル+ピアノ・カルテット)のCDアルバムのための録音を行いました。

折角やるならプロフェツショナルには真似出来ない、アマチュアならではの仕事がしたく、エンジニアリング面を中心に関与させていただく事になった。
すなわち、プロのように役割分担して分業するのではなく、音楽監督、スタジオ録音(マイク、楽器、調律)の手配、2次録音、ミックス、マスタリングまでを1人で行います。
1人で完結することにより、狙い通りの音のアルバム制作が可能になる訳です。これを何人かの手で行なうとどうしても音に対する思いが違うため少なからず齟齬が生じるし、制作過程で何回も音源を保存するので、デジタル処理の誤差が積もり、高音質から遠ざかってしまいます。

アルバムのコンセプトに沿った音作り(創り)は、ミュージシャンからK’sに一任してもらい、録音する前に楽譜を見て、聴かせどころや歌いにくいところを理解しておきます。
タイミング良く、録音前日に都内のライブハウスで収録曲の生演奏を聴くことができたので、どの様な音に仕上げるか、自分のイメージを固めることができた。
このイメージが固まっていないと、録音スタジオで自信をもって「OKテイク」が出せません。

録音は充分な天井高とエア・ボリュームのあるサウンドクルー新社屋のAスタジオ。
K’sのほか、録音の見学者6名と共に、ピアノ(C-7)の調律が仕上がったところに到着した。

録音方法とマイクアレンジメントは録音のエキスパートH氏と予め決めた通り、マイクロホンは15本。
K’sにとってはピアノの音決めが一番難しく、いつも通りに弦やハンマーの音を近接で録るのは止め、少し離して位相を揃えてセットした。
クラシック録音でなじみの深いリッドに反射した音を中心に少し離してLRマイク2本、おさえでもう少し離したところにもLRマイク2本を立てた。
ベースはメインのマイクのほか、スラップの弾ける音も別マイクで録り、ギターも同様にメインのマイクのほか、弦を押さえる音や弾く音の2マイク。
ドラムスはオーバーヘッドLR(測定器用マイク)2本をメインに、スネア、バス、ハイタム、フロアタム、計6本のマイクとした。

ミュージシャン、楽器、マイクアレンジメント、機材はほぼ同じで3回目の録音なので、H氏もスタジオエンジニアも手際が良く、1時間半程度でセッティングが完了し、録音開始することができた。

録音は、1テイク目が良くても各曲2テイクで進め、原則として録音スタジオではプレイバツクしません。
プレイバツクをミュージシャンに聴いてもらうと、どうしても「ミスの無い演奏をしよう」と言う方に気持ちが動いてしまい、ノリや勢いは無くなるし、リラックスした演奏にならないためです。

もし、自分のイメージする演湊にならなかった場合、そこで妥協してOKテイクとせず、ミュージシャンに納得してもらったうえで、もう一度録り直しますが、「あと何時間演奏できるか?」というミュージシャンの体力的な限界を予測しながら録音を進めます。
途中で「まだ演奏出来る?」と尋ねても、プロですから「出来ない」というミュージシャンは1人もいません。ところが体が言うことを利かなくなり、演奏がダレてきてしまいます。
そのような時間配分は難しいですが、予想は30分のずれなく的中し、無事録音終了する事ができた。

ゴールデンウィークを利用して、ミックス、マスタリングまで一通り終わったところです。
誤差が積もらないように15チャンネルの24bit/96KHzのリニアPCM(WAV)を直接加工する事は避け、あらゆるデジタル処理を最後に1パスで一括処理した。
とても良い仕上がりの音になっておりますが、K’sにとって気持ちの良い音であって、商用CDアルバムにするためには(カーステレオやポータブルオーディオでもそれなりに愉しめるように)音圧調整して一般化しなければならないので悩ましい。

オーディオ仲間や録音の見学者にも音質などの意見を求め、最終調整して夏ごろにはCDアルバムとして仕上げたいと考えています。

広報xのおしごと

【日刊建設産業新聞より】
広報xです。
大末建設さんと共同で開発したタブレット製品「配筋検査」が新聞社5紙に掲載されました。
メディアの力って凄いですね~~
プレス発表の翌日からお問い合わせがあり反響に少々驚いています。
ちょっとだけ記事を紹介しますね。


広報xからのお知らせでした。
追伸:(株)日刊建設産業新聞社様 掲載の許可をいただきありがとうございました。

和田特機 WEBサイト 掲載記事へのリンク
記事はこちら

建設産業新聞へのリンク
www.kensan-news.com/

お花見

こんにちは Mtanです。

今年は桜の開花が早く、ぼんやりしてる間に桜の花が散ってしまい、
お花見に行きそびれてしまいました。

花は人の心を癒してくれます。
特に心の余裕の無いときなどは、お花を見て一息つくと、ほっとします。

なので、今は、毎朝出勤時や昼休みなどちょっとした合間に、会社の玄関横の花壇のお花を見ては心を癒されております。

お花ってほんとうにいいですね!!

 

「応仁の乱」ゆかりの地を訪ねて

J45です。
昨年から「応仁の乱」について少し関心を持ったJ45はそうだ京都行こう!
というわけで早速、京都に住む大学生の娘に連絡を・・・「応仁の乱ゆかりの地を訪ねて」をテーマに京の町を歴史散策しない?
⇒ オッケーですよ~~~ という事で京都へ・・・
そもそも応仁の乱というと学生の頃に習った記憶はあるものの、西軍と東軍の戦い。いったい誰の何のための戦いだったのか?? 難しくてよくわからないなあ~~というのが本音です。
そこで今回はお互いに当日までにしっかり予習(歴史のお勉強)をして当時にタイムスリップしよう!
ほとんどが史跡めぐりなのに、正直アホな親子です。
【応仁の乱の簡単なまとめ】(詳細は割愛しますね)
管領家である畠山義就、畠山政長との家督争いが始まりのようです。 室町幕府8代将軍 足利義政と妻、日野富子の(長男)足利義尚と、義政の(弟)義視との将軍継嗣問題。 これらに複雑に関わり山名宗全と細川勝元との権力争い、またまた管領家の斯波義廉と斯波義敏の家督争いなど・・・・ 領地や権益もからみ赤松政則、大内政弘なども参戦し、西軍と東軍に分かれて1467年上御霊神社で始まったと言われています。 西陣織で有名な西陣は山名宗全率いる西軍の陣地だったことからこの名がついたそうです。
◆まずは上御霊神社へ 1467年1月18日この地から応仁の乱は始まったようです。
◆次は相国寺へ 応仁の乱中で最も激しかった戦闘とされていて、この戦いの後両軍は京都での戦闘は控え代わりに戦場を山城周辺に移していったようです。
         
◆次は東軍の陣地へ
 西陣の拠点であった山名宗全の邸宅周辺は「西陣」として現在に名を残しているのに対して 「東陣」という名はあまり知られていないようです。 東軍の大将であった細川勝元の邸宅は、小川児童公園の北側一帯にあったされるそうです。 地元の方たちによりこの公園に説明版が設置されたと知り、訪ねてみました。
                                   
花の御所(室町邸)も訪ねてみました。 足利将軍家の邸宅ですが、その周りには有力守護大名が邸宅を構えて集まっていたようです。
                
◆百々橋へ
何度も両軍が戦いあったのが当時、南北に流れている小川に架かる百々橋です。
この橋を境に西軍と東軍の拠点は徒歩で5分程度の距離でした。
◆最後は西陣へ
西軍の総大将 山名宗全邸宅跡へ
  
今回はこれで終了です。1日では周れませんでした。
美味しいもの食べて・飲んで名古屋へ帰ります===

名古屋シティマラソン 完走!

こんにちは Mtanです。

先日、名古屋シティマラソンのクウォーターに参加しました。

練習不足のため、完走も危ぶまれましたが何とか完走できました。

フィニッシュタイムは1時間9分で。目標の1時間を切ることはできませんでしたが、
昨年より、2分程度タイムを縮めることができました。

1時間切るには、もっと練習が必要だったと反省しております。

話はちょっとそれますが、名古屋シティマラソンでは毎年、様々な仮装ランナーが走っていらっしゃいます。
水戸黄門、ミッキーマウス、ミニーマウス、金シャチなどなど仮装の方への街道の応援の方々の声援もハイタッチも一際多いです。
子供たちに一番人気はスーパーマリオのようです。声援がすごいです。
タイムを縮めることをあきらめて、仮装で楽しむのもありかな?とも思いましたが、仮装して完走できなかったら
恥ずかしいので思い直しました。

今年も、マラソン後の楽しみ、ビールで乾杯して焼肉を食べ、締めくくりました。
マラソン完走の後のビールはホントに美味しいと実感。このためにマラソンを走っているといっても過言ではありません。
よりそちらのほうが主目的になってきているような気がします。

来年は、地道に練習をして、少しでもタイムを縮められたらいいなと思っています。

久しぶりのマラソン練習の結果・・・

今年に入ってから風邪が長引きランニングも控えていたのですが、

4月の岐阜清流ハーフマラソンにエントリーしたこともあり土・日で5時間ほどのLSDをしました!

薬物ではありませんよ~~ ロング・スロー・ディスタンスというトレーニング方法で

ゆっくり長い距離を時間をかけて走り、毛細血管を発達させ基礎体力を向上させると言われています。

久しぶりに頑張りすぎて翌朝から筋肉痛のためロボット歩き(泣)

 

二日後に病院で定期検査を受けたら普段管理している項目とは別の項目で指摘されてしまいました。

先生:「体はだるくないか?風邪でも引いた?」 J45:「特に・・・」

先生:「白血球とCPKの値が普段より高いよ。何か負荷をかけた運動でもした?」 J45:「2か月ぶりに長距離走りヘロヘロです。」

先生:「たぶんランニングのせいで筋肉が破壊されたんだろうね。ちょっと脱水気味だし・・・」でした。

ランニング友達からマラソン大会後によく聞く話だったのですが、まさか自分の血液検査でこんな結果になるとは。

急な走りは体に良くありませんね! 徐々に体を慣らし調整して行きたいと思います。

 

【検査結果】

↓ CPK:350H (正常62~280)

 

 

 

↓ WBC(白血球):10200H (正常4000~8000)

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ 名古屋シティマラソン

こんにちは Mtanです。

先日「 名古屋シティマラソン参加のご案内」が封書で届きました。

名古屋シティマラソンへはもう7回目?いや8回目の参加でしょうか?
何回目の参加になるのかも忘れるぐらいの参加数になってしまいましたが、毎回
この案内を受け取ると練習を本格的に始めるスイッチが自分の中でオンになります。

街中でも最近ランニングしている人をよく見かけるようになりました。

マラソン大会に参加し始めた頃は、最終的な目標はフルマラソン完走だったのですが、
体力、気力の衰え?のせいか、何年もクォーターで足踏み状態です。
距離が伸ばせないのなら、タイムを縮めたいなと思い、今回はクォーターで
1時間以内でのゴールを目指していましたが、練習不足のため、
それも怪しくなってきたので、取りあえず完走できればいいかなと
弱気になってきている今日この頃です。

マラソン後の楽しみは、ビールで乾杯して焼肉を食べることです。
完走後に飲むビールはなんとも言えず美味しく、最早マラソンより
そちらのほうが主な目的になってきているような気がします。

何はともあれ、マラソン大会まで残り20日ほどになってしましましたが、
練習をして少しでも早いタイムでゴールできたらと思います。

ランニングシューズを買い換えました

一般的にランニングシューズの寿命は
トレーニングシューズ:800km~1000km
トレーニング兼レースシューズ:500km~700km
実はこの距離、J45がまじめに練習に取り組むと6か月~10か月程度で寿命を迎えてしまうのです。
実際にアウトソールの減りはやや気になるものの、普段の練習には特に影響がないように感じてしまうのですが、
これが知らず知らず足・膝・腰へ負担を掛けるようなんです。
ここ最近はやる気も低下。週末のトレーニングもサボりがちなので、
気分転換に思い切って新しいシューズに買い換えました!やっぱりモチベーションが上がりますね~!

 

 

今まで履いていたメインシューズ(NewBlance)は
ちょっとお気に入りでしたのでタウンユースとして使おうかなあと思っているのですが、
これを続けるとタウンユースだらけになってしまいそうです。
皆さんは使わなくなったランニングシューズどうしていますか?破棄していますか?
1年も満たないうちに破棄するにはちょっともったいないような気がして悩んでいます。
よお~し!4月の岐阜清流ハーフマラソンはこのシューズで頑張るぞ~~!

 

Manhattan DACⅡへのバージョンアップ

昨年末に待ちに待ったManhattan DACから、Manhattan DACⅡへのバージョンアップを日本国内で受付てもらえるようになった。
年明けに思い切ってバージョンアップをお願いした。
バージョンアップ価格はManhattan DACⅡ定価の15%なので、海外製品としては良心的な価格だと思う。

なぜ、「思い切ってなのか?」は新・旧で全く音質が違うことが懸念されるからである。
オーディオ製品はすべての面で良くなることは希で、新しい方が良いところがあれば、旧来の方が良いところもあるので悩ましい。
しかし、デジタルデータを扱うICやデバイスの日進月歩は著しく、これらはアナログデバイスと違って新しいモノの性能が圧倒的に優ることが多い。

バージョンアップといっても、ソフトウエアやファームウェアのアップデートではなく、メイン基板の交換である。
すなわち、旧Manhattan DACの筐体、電源回路、表示部を使うだけで、それ以外は全交換なので、新しいDACの入手と同じと言える。

パンフレットには

World’s highest performance 130dB Sabre 9038 DAC chipset.
32 bit integer Class 2 USB2 driverless audio interface.
World class transparent analog preamp attenuators.
MQA hardware decoder.
PCM up to 384k, 32bit, MQA, native DSD up to DSD256, DXD, 130dB Dynamic Range.
Mytek Femtoclock Generator ™ 0.82ps internal jitter,Wordclock Input and Output.

と書いてあり、興味深いのは USB Audio Class 2 対応と MQA hardware decoder 搭載といったところ。

写真の下の方にある電解コンデンサに囲まれた中央にあるのが ESS社のSabre 9038 DAC chipset。
DAC chipsetの直近(上側)にある白く光っているのが Femtoclock Generator。

音質は予想通り、新しい方が良いところがあれば、旧来の方が良いところもあった。
一言でいえば、Manhattan DACⅡはSabre 9038 DAC chipsetの特徴のとおり「S/Nの良い繊細な音で、無音から一気に吹き上がるダイナミックレンジの広さを感じる気持ちの良さ」である。しかし、少し腰高の音になる。
旧来のManhattan DACは良い意味で「目立つところが無いごく普通の音」であり、落ち着いた安堵感のある音なので、音楽に浸れるところが良かった。

USB Audio Class 2 driverless audioはWindows10のバージョンによって振る舞いが異なるので、今は何とも言えない。
時間を掛けて探ってみたいと思う。
目的は音楽を愉しむことなので、じっくり使い込んでみたい。

パワースポット巡り

こんにちは Mtanです。

新しい年を迎え、雪がちらつく中、初詣に行ってきました。

帰省中のため、実家の近くの神社へ。

混雑を避け1月2日に行ったため、ほぼ貸し切り状態でした。

途中、山町筋の土蔵造りの建物の写真をパチリ。

歩く道筋、神社の所々に融雪装置があります。雪国でしか見られない風景です。

道路に埋め込んだパイプから路上に設置したノズルを通して路面へ地下水を散布する装置です。

少し足をのばして、高岡大仏を拝みに。

奈良、鎌倉に次ぐ日本三大仏と言われおり、高岡伝統の銅器製造技術の粋を集め、

30年の歳月をかけて作られたもので、高岡の象徴として市民に愛されています。

この2箇所、ここ最近帰省すると必ず行くのですが、その場所に居るだけで心がとても落ち着き、

私にとってのパワースポットです。

今年も新年早々パワースポット巡りができ、よい一年になりそうな予感がします。

皆様にとってもよい一年でありますように。